• HOME
  • ブログ
  • PC
  • Bing Chat Enterpriseとは?情報漏洩が防げる企業・法人向けAIチャット。利用料金は?いつ発売?

Bing Chat Enterpriseとは?情報漏洩が防げる企業・法人向けAIチャット。利用料金は?いつ発売?

Bing Chat Enterprisede

2023年7月18日(米国時間)、米Microsoft社は、新しいBingの法人版Bing Chat Enterprise』を発表しました。

Bing Chat Enterprise』は、かんたんに言うと、Bing のAIチャットに、企業データ保護を追加して、業務に利用できるようにしたツールというイメージです。

Bing-Chat-Enterprise

(出典:Microsoft 公式ブログ

Microsoft社の説明では、「ユーザーとビジネスのデータは保護され、組織外に漏えいすることはない。入力データも出力データも保護され、チャットは保存されず、Microsoftもアクセスできない。データがモデルのトレーニングに使われることもない」とされていて、ChatGPTなど、AIチャットボットによる情報漏洩を問題としていた企業・法人、自治体にとっては、喜ばしいニュースになっています。

Bing Chat Enterprise の発売日はいつ?

2023年7月18日(米国時間)。Microsoft社は発表と同時に、『Bing Chat Enterprise』のプレビュー版をリリースしました。

現在、『Microsoft 365』の「E3」「E5」「Business Standard」「Business Premium」を契約しているユーザーは、追加料金なしでプレビュー版を利用可能です。

正規版の発売予定日については、「向こう数カ月以内に発表する」としていて、2023年中には発表されるのではないかと予想されます。

待ち遠しいですね!

Bing Chat Enterprise の利用料金は?

気になる『Bing Chat Enterprise』の利用料金ですが、『Microsoft 365』の「E3」「E5」「Business Standard」「Business Premium」を契約しているユーザーは、追加のコストなしで利用することが可能です。

ただ、そのほかのユーザーに対しては、ユーザー1人当たり月額5ドル(約700円)で、1台のパソコンでの運用を想定した、ネットワーク接続されていない、ソフトウェアの利用形態(スタンドアロン製品)で提供される予定となっています。

将来的には、Windows Copilot(ウィンドウズ コパイロット)からもアクセスできるようになる見込みで、Webデータに基づいて、テキストやグラフ、図表、画像などを含んだ回答を、AIから情報漏洩のリスクなく得ることができます。

社内でのAI活用をあきらめていた人も、『Bing Chat Enterprise』の導入は、検討してみてはいかがでしょうか。

AIを活用した業務用チャット「Bing Chat Enterprise」の登場で業務効率化を実現!

今回発表された、AIを活用した業務用チャットBing Chat Enterprise』の登場は、これまでAIチャットボットを活用したいと思いつつ、情報漏洩やデータ保護の観点から活用できずにいた法人・自治体にとって、業務効率化を実現するチャンスになります。

正規版リリースは、まだ先になりそうですが、動向に注目していきましょう!

 

なお、Microsoft社は同日、先行して発表して話題を集めていた『Microsoft 365 Copilot(コパイロット)』の正式版価格を、「ユーザー1人当たり月額30ドル(約4,188円)」にすると発表しました。

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)』も、Word(ワード)や Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)、OneNote(ワンノート)などを使っている企業にとって、業務時間の短縮や効率化を実現してくれる、強い味方となるAIツールです。月5,000円以下で有能なアシスタントを1人雇えると考えたら、すごく安いですよね!

Microsoft 365 Copilot の情報もあわせてチェックしていきましょう。

関連記事一覧