Microsoft 365 Copilotの使い方。インストール方法・利用料金・日本語対応は? ※ 11/1 追記 ※

Microsoft 365 Copilot
Microsoft 365 Copilot(コパイロット)とは?
Copilotで何ができる?使い方は?料金やインストール方法・日本語対応は?

AI技術を搭載した『ChatGPT(チャットジーピーティー)』の登場に伴い、AI技術はさらに加速。多くの人が、仕事などで利用したことのある “Word(ワード)” や “Excel(エクセル)” でもAIによる効率化が行えるようになり、大きなニュースになっています。

それが『Microsoft 365 Copilot(コパイロット)』というツールです。

Microsoft365で利用できる、”Word” や “Excel” をはじめ、”Teams(チームス)” や “PowerPoint(パワーポイント)” 、”OneNote(ワンノート)” でも活用できます。

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)を使うことで、”何時間もかけていた資料作成が短時間でできる” ようになったり、”データ解析が一瞬で完了” したり…など、大幅な仕事効率化が実現でき、メリットは絶大だと評判です。

Microsoft 365 Copilot 操作画面

> Microsoft 365 Copilot 紹介VTR

この記事では、Microsoft 365 Copilotでどんなことができるのか、いつから導入できるのか、利用料金や日本語対応できるのかなどを解説していきます。

Microsoft 365 Copilot はいつから使える? ※ 11/1追記※ いよいよ提供開始!

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)』は、2023年3月16日(※米国時間)に公表されたツールで、Microsoft社の公式サイトによると、”数ヶ月以内に利用できる予定” との発表がありました。

※9/25追記※ Microsoft社は、2023年9月25日に、AIコパイロットのサービスを9月26日Windowsで開始するほか、『Microsoft 365 Copilot(コパイロット)』を11月1日から広く利用可能になると発表しました。

※ 11/1追記 ※ 11月1日から、『Microsoft 365 Copilot』の法人企業への提供が開始されました。『Microsoft 365 E3/E5』を契約中の企業は、1ユーザー当たり月額30ドルで利用できますが、現在『Copilot in Excel』で使用できる言語は英語のみとなっていて、今後の更新で日本語を含む多言語に対応する予定とのことです。

また同日、Windows 11の新機能満載の大型アップデート『Windows 11 23H2』が一般提供開始されました。Windowsユーザーは、まだプレビュー版ですが、『Copilot in Windows』を利用してみることができます。「自動更新を有効にしている場合は、新しい更新プログラムが利用可能になった際に自動的にダウンロードされ、インストールされる」ので、ぜひ使ってみてください。( 詳細はこちら > Microsoft 公式サイト

現在、Fortune500企業の8社を含む20社のお客様でMicrosoft365Copilotをテストしています。今後数か月以内に、これらのプレビューをより幅広い顧客に拡大し、IT管理者が自信を持って組織全体でCopilotを有効にする計画を立てることができるように、新しいコントロールについてさらに共有する予定です。

Microsoft公式

Microsoft 365 Copilot の利用料金(価格)は?

『Microsoft 365 Copilot(コパイロット)』の利用料金(価格)について、Microsoft社は2023年7月18日(米国時間)、正式版価格を、「ユーザー1人当たり月額30ドル(約4,188円)」にすると発表しました。

GhatGPT(チェットジーピーティー)の有料版『ChatGPT Plus』が、”月額20ドル(約2,600円)”なので、「同じくらいになるのでは?」「もう少し高いかも…」など、色んな予想はありますが、まだ具体的な価格は見えていない状況です。

Microsoft 365 Copilotを使うための準備・インストール方法とは?

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)は、Microsoft365のみで利用可能です。

OfficeはMicrosoft 365になりました

(出典:Microsoft 365 公式サイト

注意点として、Copilot(コパイロット)は、Microsoft 365 のアドオン追加機能として販売するのか、Microsoft365に組み込まれた製品を販売するのか、まだ分かっていません。

もし、現在 Microsoft 365 を所有していないけれど、Copilotを使ってみたいという人は、すぐにMicrosoft365を購入するのではなく、しばらく様子を見るのがおすすめです。

Microsoft 365 Copilot の使い方

細かい点までは、まだわかっていませんが、Microsoft社の発表によると、“Word” や “Excel” など Copilotが組み込まれた Microsoft 365 のアプリを使用すると、『Copilot』で利用するための文字入力の画面が表示されます。

Microsoft365 Copilot PowerPoint操作画面

(出典:Microsoft 公式ブログ

Copilot用の入力欄に、やってほしいことなどを文章で入力することで、Excelデータを解析してくれたりPowerPointを作成したりといった様々な自動処理を行ってくれるそうです。なんとも便利ですよね!

1. Copilot を「Word」で使う

ChatGPTですでに経験済みの人もいるかもしれませんが、Copilotも同様にAIが文章を作成してくれます。Copilot の場合、”Word上で直接文章を作成してくれる” ため、編集の手間も省くことができ便利です。

Wordで作成された文章から要点をまとめたり、文法や表現力について改善してもらうことも可能です。

ChatGPTでも同じような使い方をしている人にとっては、目新しい機能ではないかもしれませんが、Copilot ではMicrosoft365のアプリと連携できるのが大きな特徴と言えるでしょう。

2. Copilot を「Excel」で使う

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)を使えば、“Excel” で作成したデータを、数秒でデータ解析してもらうことが可能です。

たとえば、作成済みのエクセルから “今後の売り上げの予測” をしてもらうこともできますし、”売り上げが落ちた原因などを Copilot に質問すると文章で回答” してくれます。その間わずか数秒〜数十秒…。衝撃ですよね!

「有能な秘書がいつもそばにいてくれるようなもの」なので、仕事は今まで以上にはかどること間違いありません。

3. Copilotを「PowerPoint」で使う

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)があれば、指定したWordファイルから、PowerPointによる資料を作成してくれます。これもビックリですよね!

やり方はいたって簡単。”すでにある作成済のWordファイルを指定する”。たったこれだけで、数秒でPowerPointのスライドを作成してくれます。

資料の枚数を指定したり、表現をやわらかくしたり、グラフを使用して欲しい〜などの要望を Copilot に指示することで、”イメージにあった資料の修整も可能” です。上司から、「表現が固い」「文字が多い」などの指摘を受けていた人も、Copilot 資料の修正サポートしてくれるので、あんしんです。

4. Copilotを「Teams」で使う

会社のミーティングなどで、”Teams(チームス)”を使用している人も多いと思います。Microsoft 365 Copilot(コパイロット)を利用すると、オンタイムで、”どのような話題” がのぼり、”どう話が展開されてきたか” を瞬時にまとめてくれます。

新人担当
新人担当
どういった議論がされ、今何についていの議題なのかまわりに確認しながら会議に参加していました。。

Copilot があれば、「遅れて会議に参加したため、内容についていけない…」といった心配もなくなるのです。

5. Copilotを「OneNote」で使う

2023年4月5日(※米国時間)、Microsoft 365 Copilot(コパイロット)が、”OneNote(ワンノート)“でも使用できるという追加アナウンスがありました。

OneNoteでも Copilot が利用できるようになったため、”メールやスケジュール・ドキュメントなどの連携が可能” に。

たとえば、OneNoteに記載されたドキュメントからtodoリストを作成したり、メール上のやり取りから情報を整理してまとめてくれたりと、CopilotがOneNote上に新たなコンテンツを作成してくれます。

新人担当
新人担当
WordやExcelのデータを作成してくれるだけでも助かるのに、さらにメールやスケジュールの内容から新しいコンテンツを作成してくれるなんて、やらなきゃいけない事務処理が大幅に削減されて助かります!

Copilot 利用時の注意点はある?セキュリティは大丈夫?

セキュリティイメージ

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)は、 “企業向けに設計” された製品で、Microsoft365同様の安全設計が施されているため安心して利用できます。

また、Copilot が作成した情報は、ほかの企業やユーザーに利用されたりMicrosoft社に収集されたりすることもありませんセキュリティ面を心配していた人も安心してください。

<注意点>Microsoft365 の利用が必須

セキュリティ以外の注意点としては、Copilot を利用するためには “Microsoft365が必須” という点です。Microsoft365は、ExcelやWord、PowerPointやTeamsといったアプリが入っているので、すでに導入済みの人は良いですが、まだ導入していない人は、Copilot の利用をはじめる際に契約が必要なので、注意しておきましょう。

> Microsoft365 公式ページはこちら

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)で仕事を効率化しよう!

この記事では、いま大きな話題になりつつある『Microsoft 365 Copilot(コパイロット)』について、お伝えしてきました。

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)を使えば、”Excelのデータ解析” を行ってくれたり、”PowerPointの資料を瞬時で作成” してくれたり、”Teamsでリアルタイムに情報をまとめ” てくれたりと、今までの仕事のスピードが何倍にも効率化されることが予想されます。

仕事でExcelやWord、PowerPointやTeamsを使用している人にとって、とても頼れる右腕と言えるでしょう。

アドバイザー
アドバイザー
仕事の効率化を進めるにあたって、なくてはならない存在になりそうですね。

リリースされたら、ぜひ、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧