Bluesky(ブルースカイ)とは?アカウントの作り方•始め方。どこの会社が運営?日本語表示にする方法

Bluesky Social

いま注目の分散型SNS『Blueskyブルースカイ)』を知っていますか?

Blueskyブルースカイ)』は、イーロン・マスク氏の買収以降、名称変更や機能の見直しなど、何かと騒がしい『X(旧Twitter)』に代わるSNSとして注目を集めているサービスです。

2024年2月6日に、従来は招待制だったアカウント作成が、誰でも登録可能になったことで、「今後、X(旧Twitter)に代替するSNSになるのでは」と期待されています。

そこで今回は、いま注目の新SNS『Blueskyブルースカイ)』とはどんなSNSなのかや、運営元の会社はどこか、新規アカウント作成の方法、日本語表示ができるかについてお伝えします。

Bluesky(ブルースカイ)とは?どんなSNS?

Blueskyブルースカイ)』とは、Twitter(ツイッター)の元CEO ジャック・ドーシー氏が、Twitter社CEO在籍時の2019年に立ち上げた、 “分散型オープンプロトコル開発プロジェクト” をベースに制作したSNSです。

“分散型SNS” とは、中央管理者が存在しないSNSで、Webに関する知識・技術があれば、誰もが管理者としてコミュニティに参加することができます。

当初は、Twitterの社内プロジェクトとして立ち上がりましたが、2021年8月に分社され、その後、完全にTwitterから独立し、2023年2月に『Blueskyブルースカイ)』のiOS版アプリをリリースし、一般にサービス提供が開始されました。

サービスをスタートして以降、これまでは、既存ユーザーから “招待コード” をもらわないと参加できない “招待制SNS” として運用されてきましたが、イーロン・マスク氏の買収により様変わりしてしまった『X(旧Twitter)』の代替SNSとして需要が拡大。

リリースから約1年後の2024年2月には、利用者数がすでに300万人を超え、多くのユーザーに愛用されるようになりました。

そして、2024年2月6日、特定のユーザーの投稿を優先的に表示させたり、不適切だと感じる内容の投稿について「隠す」「警告する」「表示する」などの設定を加えることが可能になったことなどを受け、「誰でも参加できる準備ができた」と招待制を廃止

誰でもアカウントを作成できるようになったことで、”X(旧Twitter)に代替するSNS” の最有力候補の1つとして、ユーザーを拡大しています。

Blueskyの運営元はどこ?

“分散型” の新SNS『Blueskyブルースカイ)』を運営しているのは、”Bluesky PBLLC” という公益目的の合同会社です。

先述の通り、当初はTwitterの社内プロジェクトとして立ち上がったBlueskyですが、2021年8月にTwitterから分離して公益LLCとして正式に法人化。ジェイ・グラバー氏 が最高経営責任者、Twitter(ツイッター)の元CEO ジャック・ドーシー氏 が取締役に就任しました。

現在は、Bluesky PBLCC としてTwitter社から独立しているので、今後、X(旧Twitter)との違いが顕著になっていく可能性があるんですね。

> Bluesky PBLLC 公式サイトはこちら

Blueskyの特徴・機能

Bluesky

(出典:Bluesky 公式サイト

Blueskyブルースカイ)』は、Twitterがベースとなって作られているので、ビジュアルや使われている用語もTwitterに似たものが多く、初見でも使いやすいSNSになっています。

基本の使い方も、Twitterと同じ “短文投稿用のSNSアプリ” なので、X(旧Twitter)と似た点が多いです。

X(旧Twitter)が、一部の条件を満たしたユーザーを除き、”140文字以内” での投稿をベースにしたSNSであるのに対し、Blueskyは、”最大300文字まで” の投稿が可能で、やや長文での投稿も可能です。

ただ、フォローしている人の投稿がタイムライン(フィード)に流れてきて確認できたり、自分の投稿について、”リプライ(返信)” や “リツイート(リポスト/再投稿)” をもらって、ユーザー同士の交流を深めたり…という点は、X(旧Twitter)とほぼ同じです。

BlueskyとX(旧Twitter)の違い

先述の通り、X(旧Twitter)と似た仕様になっている『Blueskyブルースカイ)』ですが、下記のような違いもあります。

<Bluesky・X(旧Twitter)の比較表>

Bluesky
(ブルースカイ)
X
(旧Twitter)
文字数 最大300文字 最大140文字
画像投稿 最大4枚まで可 最大4枚まで可
動画投稿 ×
タイムライン 自分でカスタム可能 フォローしているユーザー他、
おすすめも表示される
公開範囲 選択できない(非公開不可) 選択OK(鍵垢にできる)
DM
(ダイレクトメッセージ)
×
検索 ユーザー名/キーワードの検索に対応 ユーザー名/キーワード/ハッシュタグ
での検索に対応
#
(ハッシュタグ)
×
広告 無し 有り
アカウントの引き継ぎ・移動 可能 不可
(以前のアカウントの投稿・いいね・フォロワーは引き継げない)

上記の比較表のように、『Blueskyブルースカイ)』は、まだ進化途中のSNSなのでで、基本的な機能面では、X(旧Twitter)の方が充実している印象です。

ただ、中央管理者が存在しない “分散型SNS” という特性上、”ユーザー自身が自分でサーバーを選択し、過去のデータを所有できる” ので、アカウントを作り直した時に、前のアカウントの投稿・いいね・フォロワー情報などを引き継ぐことができるなど、『Blueskyブルースカイ)』ならではのメリットもあります。

Blueskyブルースカイ)』はまだ新しいSNSなので、今後も機能追加やアップデートが予想でき、楽しみな存在と言えるでしょう。

「最近、X(旧Twitter)を使うのをやめようか迷っていた」「新しいSNSを試してみたい」という人は、この機会にアカウントを作成してみてはいかがでしょうか。

> AppStore「Bluesky Social」アプリ公式ダウンロードページはこちら(iOS版/iPhone用)

> Google Playストア「Bluesky」アプリ公式ダウンロードページはこちら(Android用)

Blueskyのアカウント作成方法・始め方

ここから、実際に、『Blueskyブルースカイ)』のアカウント作成方法・始め方についてお伝えしますね。

手順1. アプリをダウンロードする

まずは、『Blueskyブルースカイ)』公式アプリをダウンロードしましょう。

bluesky appstore

> AppStore「Bluesky Social」アプリ公式ダウンロードページはこちら(iOS版/iPhone用)

> Google Playストア「Bluesky」アプリ公式ダウンロードページはこちら(Android用)

※ Blueskyは “無料” で利用できます。アプリも “無料” でダウンロード可能です。

手順2.「新しいアカウントを作成」をタップ

ダウンロードしたアプリを開き、「新しいアカウントを作成」ボタンをタップしましょう。

bluesky 新規アカウント作成

手順3.「メールアドレス」「パスワード」「生年月日」を入力

メールアドレス」「パスワード」「生年月日」を入力します。

ブルースカイ_メールアドレス

※ パスワード入力時、はじめはアプリがおすすめする「Strong Password」が自動入力されています。提案されたものを使う場合は、「Use Strong Password」青いボタンを選択。自分で考えたパスワードを使いたい場合は、ボタン下の「Other Options…」を選択し、「Choose My Own Password」から、独自のパスワードを入力しましょう。

すべての入力が完了したら、画面右下「次へ」をタップして進みます。

手順4.「SMS認証」を行う

つぎに、「SMS認証」画面が表示されるので、「」を選択し、「電話番号」欄に携帯電話の番号を入力して「コードをリクエスト」ボタンをタップ。

SMS認証を完了させましょう。

bluesky sms認証

※「国」の選択を間違えると、認証コードが届かないので、注意してください。

sms認証 ブルースカイ

携帯電話に届いた認証コードを入力し、「次へ」をタップして、先に進みます。

※ 認証コードが届かなかった場合は、「再試行」ボタンからコードを再送してみましょう。

手順5.「ユーザーハンドル(ユーザーネーム)」を設定する

さいごに、「ユーザーハンドルユーザーネーム)」を設定すれば、アカウント作成は完了です!

※ ユーザーハンドルに使えるのは、英数字のみです。日本語(ひらがな・カタカナ・漢字)は使用できないので、注意してください。

bluesky ユーザーハンドル

補足:アカウント作成後の「初期設定」

なお、アカウントが作成できたら、X(旧Twitter)のアカウント作成時などと同様、”初期設定” に関する設問が続きます。

まずは、”PUSH通知のオン/オフ” と “関心のあるテーマ” を選択します。

関心のあるテーマ bluesky

その後、”おすすめのアカウント” をフォローするかどうかを選びます。

※ フォローしたいアカウントだけ、チェックを残して次に進みましょう。「スキップ」を押して、飛ばしてもOKです!

おすすめアカウント bluesky

そして、”タイムラインフィードに表示する投稿の設定” をしていきます。

フィード設定 bluesky

※ 上から、「リプライ(返信コメント)を表示しますか?」「リポスト(リツイート)を表示しますか?」「クオート(引用リツイート)を表示しますか?」という設問なのですが、OFFにしたいという特別なこだわりがなければ、そのまま「続行」ボタンで進めばOKです。

つぎに、”メインのフィードの選択肢” が表示されます。

メインフィード bluesky

ここでメインのフィードをいくつか選択することで、X(旧Twitter)における “リスト” のように、自分の好みにカテゴライズして、フィード(タイムライン)を見やすくすることができます。

※ ただ、実際に使ってみないと、どんなフィードが自分に合っているか想像ができないのと、あとで設定変更もできるので、まずは、そのまま「続行」を選択するのがおすすめです。

フィード設定 ブルースカイ

その後、”その他のフィードもどうですか?” といった、追加のフィード設定画面が表示されるので、こちらも一旦、何もせず「続行」で進んでOKです。

見たくないもの bluesky

さいごに、”見たくないもの” を設定する画面が表示されるので、内容に合わせて、「非表示」「警告」「表示」を選びましょう。

※ いちばん上に「アダルトコンテンツを表示OKにするか」という選択肢があるのですが、iPhoneユーザーは、Apple社のポリシーにより、表示OKを選択することができないので、「OFF」のまま進んでください。

3つの選択肢「ヘイトグループの図像(テロ集団の画像や事件を取材した記事など)」「スパム」「なりすまし」が表示されますが、基本的には、ここもデフォルトのまま、すべて「非表示」を選択する形で、問題ないです。

以上で初期設定は完了です。「Let’s go!」ボタンでアカウントに進みましょう!

bluesky 初期設定完了

X(旧Twitter)に近い画面が表示されるので、フィード(タイムライン)で他のユーザーの投稿を読んだり、右下の青い「紙とペン」ボタンを押して投稿したり…と、『Blueskyブルースカイ)』の世界を楽しんでみてください。

bluesky アカウント画面

Blueskyは日本語表示できる?

なお、『Blueskyブルースカイ)』は日本語対応が進んでいて、メニュー名などを日本語表示することが可能です。

もし、日本語で表示されない場合は、下記の方法で、第一言語を「日本語」に設定してみましょう。

<Blueskyの日本語表示方法>

1. 画面左上の「メニューボタン(三)」をタップ。
2. 「Setting(歯車マーク)」を選択する。
3. 下にスクロールしていき、「Content languages(言語)」をタップ。
4. 言語選択画面で「日本語-Japanese」を選択すればOKです!

BlueskyはXの代替アプリになる?今後に期待!

このように、招待制の廃止によって、一気にユーザー数を拡大するとみられる『Blueskyブルースカイ)』。

まだ、発展途中の新しいSNSですが、テキスト中心で気軽に投稿できるなど、X(旧Twitter)の良いところは残しつつ、『Blueskyブルースカイ)』ならではのメリットも持ち合わせているSNSなので、今後の活躍が期待できるサービスです。

新しい機能もどんどん追加されているので、今後の進化に期待しましょう!

> AppStore「Bluesky Social」アプリ公式ダウンロードページはこちら(iOS版/iPhone用)

> Google Playストア「Bluesky」アプリ公式ダウンロードページはこちら(Android用)

 

関連記事一覧