X(旧Twitter)「クリエイター広告収益分配プログラム」とは?どれくらい儲かる?準備と手順

x 収益化条件

X(旧Twitter)で収益化する条件は?Xで稼げる収益ってどれくらい?

2023年8月8日に、日本でも順次適用が始まった、X(旧Twitter)での収益化が可能になる『クリエイター広告収益分配プログラム』。

すでに、「◯万円儲かった」など、収益の詳細を報告するユーザーが出るなど話題を集めています。

たとえば『2ちゃんねる』の開設者でインフルエンサーとして知られる 西村博之(ひろゆき)氏(同日時点でフォロワー数約240万人)は、約36万6000円が振り込まれたと報告しました。

X(旧Twitter)でつぶやくだけでお金を稼ぎ、生活できるようになれば、人生の選択肢が広がりますよね。

ただ、X(旧Twitter)の『クリエイター広告収益分配プログラム』対象アカウントとなり、収益化するにはいくつかの条件があります。

そこで今回は、X(旧Twitter)を収益化させるための条件や、収益化した場合どれだけ儲かるかについてお伝えします。

X(旧Twitter)「クリエイター広告収益分配プログラム参加」の5つの条件

X(旧Twitter)で『クリエイター広告収益分配プログラム』に参加し、収益の配分をもらう前提として、下記の5つの条件を満たしていることが必要です。

条件1. 過去30日間以内にアクティブであること

X(旧Twitter)の『クリエイター広告収益分配プログラム』対象アカウントとなり、収益化するための条件の1つ目は、”過去30日間以内にアクティブなアカウントであること” です。

過去30日間以内にログインをせず、アクティブな状態になっていない場合は、広告収益分配プログラムの対象外となるので、注意しましょう。

条件2.「18歳以上」であること

X(旧Twitter)の『クリエイター広告収益分配プログラム』対象アカウントとなり、収益化するための条件の2つ目は、”18歳以上であること” です。

18歳未満のユーザーは、収益分配の対象外となるので、注意しましょう。

条件3. フォロワー数が500人以上である

X(旧Twitter)の『クリエイター広告収益分配プログラム』対象アカウントとなり、収益化するための条件の3つ目は、”フォロワー数が500人以上であること” です。

フォロワー数が500人未満の場合は、どんなにインプレッション(表示回数)があっても収益化できないので、フォロワー数を増やすように運用しましょう。

X(旧Twitter)は、フォロワーとの交流度合いによって、おすすめに表示するかどうかなども判断すると言われていて、”フォロー後に投稿を非表示にするユーザーが多い場合” などは、インプレッションが伸びづらい等のデメリットもあります。

できれば、“つながりの深いフォロワーを増やす” ことが、アカウント運用上おすすめですが、「収益化まであと100人足りない…」という場合や、「フォロワー数さえ達成すれば、広告収益分配プログラムに参加できる」という場合は、”フォロバ100%” と書いているユーザーをフォローしたり、自分がフォローしてほしい人にコメントやいいねをしたりして、フォロワー数を伸ばすのも方法の1つです。

条件4. 過去3か月の投稿に対するインプレッションが500万件以上

X(旧Twitter)の『クリエイター広告収益分配プログラム』対象アカウントとなり、収益化するための条件の4つ目は、”過去3か月の投稿のインプレッションが500万件以上であること” です。

フォロワー数以上に厳しいのがこの条件で、多くの人が「インプレッション数が足りない…」という理由で収益化できずにいます。

3か月で500万インプレッションを達成するには、単純計算で、”1日5万6千件のインプレッション(表示回数)” を達成する必要があります。

インプレッションを伸ばすには、投稿をバズらせるなど、”今話題になっていることをつぶやく”、”クスッと笑える内容を投稿する”、”リツイート・拡散されやすい情報を発信する” などの工夫が求められます。

条件5. X Premiumにサブスクライブしている

X(旧Twitter)の『クリエイター広告収益分配プログラム』対象アカウントとなり、収益化するための条件の5つ目は、”X Premiumにサブスクライブしていること” です。

 X(旧Twitter)の有料サブスクリプションサービス『X Premium(旧Twitter Blue)』に参加していることが、収益化の条件となっています。

X Premium(旧Twitter Blue)』は、月々980円1年契約であれば10,280円で利用でき、契約していると “長文を投稿” できたり、”優先的に表示される” などのメリットもあるので、収益化を目指している人は、早めに加入しておくと良いでしょう。

X(旧Twitter)「クリエイター広告収益分配プログラム」に参加する準備・手順

X(旧Twitter)の『クリエイター広告収益分配プログラム』対象アカウントになり、収益をもらうためには、自分で収益化するための設定をする必要があります。

自分が収益化したいX(旧Twitter)アカウントで、下記の準備を行いましょう。

X(旧Twitter)クリエイター広告収益分配プログラムへの参加方法

手順① 自分が収益化したいX(旧Twitter)アカウント にログインする。

手順②「設定」>「収益を得る」をタップする。

X クリエイター広告収益分配プログラム

手順③「サブスクリプション」と「広告収益配分」という2つの項目が表示されるので、「広告収益配分」を選択します。

X(twitter)収益化

※補足:「サブスクリプション」とは、自分が設定した月額でサブスクリプションを申し込んだフォロワーに対し、サブスクリプション加入者限定の特別なツイートやコンテンツを見ることができるサービスです。たとえば、ZOZO創業者として知られる前澤友作氏は、月額4,500円のサブスクを販売しています。

前澤友作@MZDAO X サブスクリプション

「サブスクリプション」の参加資格も『クリエイター広告収益分配プログラム』と同等なので、両方はじめるのも、X(旧Twitter)を収益化する上で効果的な手段の1つです。

手順④「stripeアカウント」と連携すれば完了です。

Stripe』とは、オンライン決済・決済代行プラットフォームです。かんたんにアカウントを作成できるので、『クリエイター広告収益分配プログラム』に申し込む際に連携する、アカウントを用意しておきましょう。

なお、このとき、メールアドレス、電話番号、氏名、住所、マイナンバー、銀行口座など必要な情報も入力します。

X(旧Twitter)「クリエイター広告収益分配プログラム」でどれくらい儲かる?

X(旧Twitter)の『クリエイター広告収益分配プログラム』でどれくらい儲かるのかが気になるポイントですが、「フォロワー1人につき5円」など、明確な基準は提示されていません。

8月に振り込まれた分の収益は、2023年2月〜7月の合計金額を分配した金額と言われていて、記事冒頭で紹介した、約240万人のフォロワーがいるひろゆき氏であっても、月額換算すると月6万円の入金ということになり、実際はあまり儲からないのでは…という声も少なくありません。

ただ、フォロワー数やインプレッションが多いからと言って収益が高いとは限らず、”アカウントごとに収益の単価が違う” 傾向があるので、今後、高単価が狙えるアカウント・投稿の傾向や、低単価になりやすいアカウント・投稿の傾向を分析していけば、X(旧Twitter)で高い収益を確保することも、可能になると思われます。

Googleアドセンスなど、各種アフィリエイトなどと同様、分析・研究しながらアカウント運用をしていくことで、収益化を目指すのが良いでしょう。

X(旧Twitter)で収益化条件を達成しよう!

これまでみてきた通り、X(旧Twitter)収益化条件・クリエイター広告収益分配プログラムの参加要件を満たすことは簡単ではないですが、達成できれば新たな収入源を確保できる可能性があります。

旅をしながら、X(旧Twitter)で発信することで収益を得たり、自分の趣味のジャンルの投稿をすることで、おこづかいをゲットしたりできる日々も夢ではないでしょう。

イーロン・マスク氏の買収以降、移り変わりが激しいX(旧Twitter)なので、最新の情報を逐次チェックしながら、収益化を目指してはいかがでしょうか。

 

関連記事一覧